安全CS/QA

 

転落防止設備”おちない君”

開発コンセプト

製鉄所内には作業台や安全ネットといった転落防止設備が完備されているが、

お客様先においては設置スペース等の問題があり、設置されていないのが現状です。

そこで、お客様先における乗務員の荷台作業の安全確保を図る為、

荷台設置型の転落防止設備を開発しました。

〈開発に当たってのポイント〉

 ① 転落防止設備のない場所で安全に作業できる

 ② 設置したままでも積込みや荷卸しができる

 ③ クレーン揚程のないお客様先では、状況に応じて2段階の高さ調節が可能

 

転落防止設備 “おちない君” の開発

・コイル積込トレーラ(船底型)の荷台上3方向(両脇・後方)をネットで囲むことで、

 荷台からの転落防止を図るものです。

特許:2010年9月29日出願

商標:2011年1月11日出願

特徴

①転落防止設備のない箇所で安全に作業ができる

②設置したままでも積込や荷卸しができる

③クレーン揚程のない積降場では状況に応じて
 高さ調整が可能(2段階)

鋼管版 “おちない君”

鋼管を積込む車両では、荷の高さが毎回変わり、製品上で作業を行う場合があります。

荷台上からの転落を防止する”おちない君”では、鋼管積込み作業には対応不可能と考え、

”鋼管版おちない君”を新たに開発しました。

左右の親綱に巻取り装置をセットします。

セルフロック機能により、地上への落下を防止します。